パリで活動する日本刺繍クリエーター、山田美佳さんにインタビュー

パリ展示会散歩
05 /06 2017

パリ在住、日本刺繍クリエーター山田美佳さんは、ギメ東洋美術館で開催中のKIMONO展で日本刺繍のワークショップを行ったり、4月には、マレのギャラリー・ハヤサキで、個展を開催するなど、活躍されています。
山田さんに、日本刺繍を始められたきっかけ、パリでの活動、今後の抱負などについてお話を伺いました。

着物姿の山田さん
(山田さん ギャラリー・ハヤサキにて)

ー日本刺繍を始められたきっかけは?
「女子美術大学短期大学部に入学した時には、まだ日本刺繍を知りませんでした。専攻を決めるために各学科の授業を見て回る折に、刺繍科でそれまで見たこともない美しい絹の刺繍糸が、400色ほど並んで展示されている光景に出会ったのです。美しい糸が織りなすグラデーションに感動し、刺繍科を専攻することを決めました。

ーフランスにいらっしゃったのは、いつですか?
「2014年に旅行でリヨンやパリを訪れた際に、壮大な美術館、建築に加え、素晴らしい職人技の布や工芸を目にして、いつかフランスで活動したい、と思うようになりました。また、パリ郊外シャンティイに行く道で、在フランス日仏婦人会「すずかけの会」の方々と出会ったことが転機となりました。日本文化に精通したフランス人の会員の方々と接して、フランスを身近に感じるようになったんです。
2015年に日本で申請した、専門職向けのフランス滞在許可証の取得をきっかけにパリに参りました。

ーなぜ、フランスで、日本刺繍なのでしょうか?
「着物や日本刺繍は、もちろん日本が本場です。しかし、あえて自分が少数派で珍しいくらいの環境に身を置くことによって、より面白いチャンスに巡り合う可能性が高まると考えております。
フランス・パリは、やはり世界の芸術とモードの中心地の一つです。
私にとって日本刺繍は“糸で絵を描く・ものを表現する”手段ですから、国を超えてそれが通じるかどうか、試してみようと思ったのです」。

ーギャラリー・ハヤサキでの展示会はいかがでしたか?
「日本人のお客様もいらっしゃいましたが、それ以上に、フランス人のお客様が大変多かったです。訪れた方が、ご友人やご近所の方に勧めてくださり、それで、来て下さった方もたくさんいました。嬉しいことですね。『見た事がないタイプの刺繍作品だ』とか『立体感のある表現が素晴らしい』、『苔のアイデアがいい』など、私の作品、表現を高く評価していただいて、自信に繋がりました。また、17世紀の建物を活かしたギャラリー・ハヤサキの展示空間が、私の刺繍作品を更に良いものに見せてくれた、と感じております」。

作品Moss Garden
(フライヤーにも使われた作品 Moss Garden)

作品carpes
(carpes)

展示の様子

作品

箱作品など

沢山の人

刺繍糸

ー今後の展覧会の予定や抱負などを教えてください。
「この度は “Jardin-庭”をテーマにしましたが、次回のテーマも、すでに決まっています“Théâtre-劇場”です。表現の方法として箱などを用い、より立体的で、奥行きのある作品を作りたいと考えています。
また、着物の羽織りを観劇やソワレで着る軽いコートのように活用する方法を考えているところです。もちろん刺繍で装飾もします。
今後は、アートとモードの二つの方面で制作を行うつもりです」。

ホームアウェイで世界100万軒以上の家から、あなたの休日にピッタリの家を見つけよう!

出会いの街、青山の上質会員制結婚相談所


【半額モニター募集中】100%天然成分のオーガニックシャンプー

着物、和風小物の店、Waf+ワフ・プリュス

パリのお店
05 /02 2017

マレ地区にある、Waf+ワフ・プリュスは、ヴィンテージ着物や帯、着物をリメイクしたドレス、スカート、和小物などを扱うお店です。

中二階
(中二階のある、開放感のある店内)

ドレス、スカート、羽織ものなど
(着物から生まれた、ドレスやスカートなど)

小物類
(小物類も)

ウィンドー
(ウィンドーにもずらり)

めぞん・で・こけしのこけしたちも、置いていただいています。

ウィンドーのこけしたち



オーナーのKyokoさんは、立教大学の大学院でフランス文学を学んだ後、国費留学生としてパリに留学。帰国後は、広島の大学でフランス語教師を務め、2015年3月、定年退職後にフランスに渡って、同年10月に、このお店をオープンされました。

オーナーのKyokoさん

「教師として働いていた間も、ほぼ毎夏、パリに来ていました。定年後に何かパリで新しいことを始めたいと思って・・。もともと広島で、“和布でギャロップ”というタイトルで、着物を元にしたクリエーションの展示会をオーガナイズしていたんです」とKoyokoさん。
退職した次の日からでも、お店を開きたい、と、2014年の夏、つまり教師としての最期の夏休みにパリで物件を探し、ビザを取ることに成功。最初の物件に問題があり、契約破棄するなどのトラブルはあったものの、今の店舗にめぐり合い、念願かなってパリにお店をオープン、ところがそれから一か月もたたないうちにテロが起こって・・。
「どうなることかと思いましたが、12月のクリスマスシーズンにはお客様が戻って来てくれました」

常連のお客様とおしゃべり
(常連さんとおしゃべりする、Kyokoさん)


販売の他にも、今後は、日本人クリエーターに、作品発表の場を提供していきたい、とのこと。

5月16日からは、糸と針の展示会が開催されます。

ito to halir

お楽しみに。

お店

Waf+
2, Place du marché St. Catherine à l"angle de la rue d'Ormesson et de la rue Necker 75004 Paris
01 82 09 58 28
Metro St.Paul
www.wafplus.com

【半額モニター募集中】100%天然成分のオーガニックシャンプー


はちみつまぶして作ったお塩の石けん

電話占いヴェルニ

小笠原実穂さん主催の“綺麗になる☆大人のParis修学旅行”その3 いよいよ、メイン・イベント

パリの日本関連イベント
04 /18 2017

モン・サン・ミシェルに行った翌日は、パリ自由行動の日でした。ガイドさんと一緒にクリニャン・クールの蚤の市に行った方もいれば、パリ在住のお友達に会った方も。

そして、6日目は、いよいよ、この旅行のメインとなる『綺麗になる☆paris』イベントが、行われました。

まずは、パリの中心、シャトレにある、日仏カップルが経営する、オーベルジュ・カフェへ。
イベントカフェ
(L’Auberge Café 4, rue Bertin Poirée 75001 Paris)

イベントオーベルジュカフェのお二人
(サービス担当のレイモンさんと、料理担当の晶子さん)

これまで、ビストロなどで、肉がでーん、フライドポテトがごーんと山積み、なフレンチが多かったので、こちらの店の、味もプレゼンテーションも繊細で、おいしいものを、量が少しずつ、種類がたくさん、という、さすが、日本人女性のシェフ!のコース料理が、何ともうれしい。

パリ在住の方、それから、このツアーとは別に日本から参加した方も交えて、ランチ。

イベントランチ風景
(ランチから、プロ写真家による、撮影が始まっております)

イベント前菜
(前菜)

イベントメイン料理
(肉と魚、エビが味わえる、メイン料理)

イベントデザート
(デザート。エッフェル塔のかたちのサブレが何とも、かわいい)

で、このデザートとコーヒーをいただきながら、アラフィフの星、岩本麻奈先生(皮膚科医、美容ジャーナリスト、コスメプロデューサー、一般社団法人コスメティック協会代表理事。著作多数)の講演会。
イベント麻奈先生と小笠原さん
(小笠原さんと麻奈先生)

フランス大統領選を目前に控え、タイムリーに、候補者の一人、エマニュエル・マクロン39歳の妻ブリジットが24歳年上妻、アラカン・マダムであることを、まずは取り上げ、フランス人の美意識や、年を取るごとに美しくなるための条件、コツなどなど、たいへん興味深いお話をしていただきました。

真剣な面持ちで、聞き入り、メモを取る方々も。
イベント麻奈先生の話に聞き入る

講演の後は、サイン会。
イベント麻奈先生サイン

次に、長谷川たかこさん(パリ情報WEBフレンチコード主宰者でエッセイスト。サザエさんの作者長谷川町子の姪で、ワカメちゃんのモデル)と小笠原実穂さんの対談。フレンチコードでは、オーガニックコスメの販売もされているので、オーガニックコスメの定義、その効果などを語っていただきました。
イベント対談
(参加者の意見を伺いながら、対談)

またまた、サイン会。
イベント長谷川サイン

その後は、小笠原さんの筆リンパ・ドレナージュのデモンストレーション。
イベント施術

それから場所を、マレのメイクアップスタジオMakeup Me に移動して、フランス人メイクアップアーティスト、リンダさんにフレンチテイストのワンポイントメイクを一人一人、施してもらいます。
イベントメイクアップ

同時に、スタジオの地下待合室で、長谷川さんイチオシのオーガニックコスメ・ブランド、ドゥース・アンジュヴィヌのお試し&販売会。ああ、なんて盛り沢山な、イベントでしょう!
イベントオーガニック美容液おためし

そして、最後の締めくくりが、ヴォージュ広場で、パリ在住写真家、澄毅さんによる撮影会。皆さん、この日のために、素敵なドレスや着物を持参されました。
イベント公園撮影

イベント撮影

さっそく、参加者の皆様に、この旅行&イベントについてアンケートをとったところ、概ね、満足いただけたようなので(ほっ・・)、小笠原さんは、第二弾を今年10月に企画準備されています。
お楽しみに。

ホームアウェイで世界100万軒以上の家から、あなたの休日にピッタリの家を見つけよう!

オンラインの外国語学習サービス【italki】

一眼レフカメラ上達講座

小笠原実穂さん主催の“綺麗になる☆大人のParis修学旅行” その2 モン・サン・ミシェルへ

パリの日本関連イベント
04 /16 2017
小笠原実穂さん主催の“綺麗になる☆大人のParis修学旅行” その2 モン・サン・ミシェルへ

パリを2日間、堪能した後、ご一行が向かったのが、モン・サン・ミシェル。あまりにも有名な観光スポットで、写真や映像で見慣れている方も多いと思いますが、やはり、本物を見て、島の頂上に立つ修道院を訪れたいものです。
モン・サン・ミシェル

今回は、ミニバスのダチョウ便で、パリを朝8時に出発し、モン・サン・ミシェルに向かいました。
モンサンダチョウ便

https://www.dachobin.com/

メルセデスのバン(Vクラスと言うんでしたっけ?)は、乗り心地がよく、以前、モン・サン・ミシェルに観光バスでことがある、ご一行の一人が、バスより疲れが少ない、とのことでした。

さて、モン・サン・ミシェルには、正午に到着予定で、車中で、ランチに何を食べるか?が話題になります。命がけでサン・ミシェルに辿り着いた巡礼者たちをねぎらうために、プーラール母さんが考案したというご存知、メール・プーラールのオムレツを食べるか・・、でも、高くて、あまり美味しくないという評判です。それとも、ダチョウ便社長(兼運転手)國本氏推薦の地元のビストロ=ジモティや、観光客がオムレツを食べている間にランチを済ますバス運転手で賑わう店、にするか。
歴史を取るか、美味を取るかで、美味に軍配が上がり、ビストロで食事。メインは、バベット(ハラミ)・ステーキのフライド・ポテト、プチ・ラタトゥイユ添え&赤ワインと地ビールを少々。
モンサン肉料理

その前に前菜、魚のテリーヌが付き、
モンサン魚のテリーヌ

デザートは、チョコレートがたっぷりかかった、シューアイス、プロフィット・ロール。
モンサンプロフィットロール

日本人女子には、ボリュームたっぷりすぎるので、前菜&メインのセットとメイン&デザートのセットを半々で取り、シェアしました。(私たち、とっても賢いでしょう?)國本さん曰く、「メール・プーラールのオムレツの3分の1の値段です」。


モン・サン・ミシェル!
モンサンのふもと

イースター休暇中で、お天気に恵まれたこともあり、すごい人出!
モンサン人が多いです

國本さんにガイドされながら、山頂へと向かいます。
モンサン国本さんの説明

モンサン写真を撮ったり

その後、修道院を見学し、楽しみにしていた、有名な美しい回廊は、工事中でがっかり。

気を取り直して、お土産を買い、最後に駐車場近くの橋の上から、遠景でモン・サン・ミシェルを眺める。ああ、美しい。
モンサン駐車場の近く

島内にあるクレープ屋さんも、あまりおいしくないとの噂で、パリへ戻る途中、マント・ラ・ジョリ市にある、國本さんおすすめのクレープ屋さんへ。

いきなり、たこ焼きが出て来て一同びっくり!中身はたこじゃなくて、サーモンでしたが。つまり、さけ焼き。常連國本さんへのサービスということで、ご相伴にあずかりました。
国本さんの手とたこ焼き
(日本製のたこ焼き器と國本さんの手)

ガレットは、ブルターニュのそば粉とノルマンディのバターを使い、それぞれにレタスがたっぷりついているのがうれしい。
モンサンガレット屋さん

モンサンチーズとはちみつとくるみのガレット
(4種類のチーズとハチミツのガレット、クルミのサラダ添え。チーズとハチミツのマリアージュが何とも絶妙)

ガレットだけでお腹がいっぱいになってしまった人が多数、だったので、クレープはお味見用に一つだけ、注文したのに、もう一つをサービスしてくれました。國本さんのおかげ?

モンサンクレープ
(オレンジ・バターのクレープ。シンプルなのにおいしい、これ食べにもう一度、この店に来てもいい、と思える味)

美味しい上に、店員さんもみんな感じがよく、パリに、もう少し近ければいいのに、と。
料理人のお兄さんが、帰り際、國本さんに「僕が独身だって、彼女たちに伝えておいてね」と仰ったそうな・・。

クレープ屋さん L'ARMOR
http://creperie-larmor.com/


きれいになる修学旅行も、後半を迎えます。

旅を贈るカタログギフトEXETIME

【ドイツClore社製 クレープメーカー】

そば粉でガレットはいかが?チーズに卵、炒めた野菜やナッツをのせて。

ブランチやご近所の集まりにも最適!

農家とダイレクト

小笠原実穂さん主催の“綺麗になる☆大人のParis修学旅行” その1

パリの日本関連イベント
04 /14 2017

小笠原実穂さん主催の“綺麗になる☆大人のParis修学旅行” その1


ビズ会員、広島在住のリンパ・ドレナージュ・セラピスト小笠原美穂さんが主催する、“綺麗になる☆大人のParis修学旅行”の参加者ご一行、熟女5名が、パリに到着しました。

JAL国内便で、広島空港から羽田に向かい、そこから国際線でパリ、の予定でしたが、何と直前に、羽田空港の滑走路にトラブル(?)で、広島―羽田の国内線が飛ばない!の連絡が日本から来て、真っ青!
がほどなく、ANA便に振り替えされることがわかり、ほっと胸をなでおろしました。

しかも、パリ到着当日、一足先にパリ入りした小笠原さんとホテルで待っていると、ご一行は、予定時間よりもずっと早く、到着。
「羽田では、JALの方がお出迎えで、国際線ターミナルまで連れて行ってくれて、優先的にチェックイン。さらに、シャルル・ド・ゴールでは、ホテル送迎シャトルバスのはずが、メルセデスがお迎えで、私たちだけを乗せて、ホテル直行でした。しかも、運転手がイケメンでしたよ~」と、いいことづくめ、これぞ怪我の功名!しかし、さすが日本の会社ならではのサービスのよさ(別に、JALを持ち上げているわけではありませんが)。

ホテルのロビーで、日程の確認・打合わせ。その後、腹ごなしを、とホテル目の前にあるビストロを指さして、受付のムッシューに「あそこ、おいしいですか?」と尋ねると、「あそこより、裏にあるビストロがお勧めですよ」。
と、そのお勧めビストロに行くと、まだ早い時間なのに、テラスはほとんど満席で、店内のテーブル席に案内されたところ、アールデコ調のインテリアがとても素敵。
よさげなビストロ

そこで、まずは、無事パリ到着を祝っての乾杯!
乾杯

小笠原さんが、道中安全のお守りとして知られる、厳島神社の御砂守を、ご一行のために持って来て下さいました。これを一人一人に配布(私も一つ、いただきました)。
お守り

皆さま、注文した料理のボリュームにびっくり。でも、それをちゃんともりもり食べていたので(見ただけでお腹が一杯になってしまった方が若干一名)、翌日からの旅程ももエネルギッシュにこなされるだろうことが、予感されました。

バーガー
(チーズバーガーは、おろしオニオンソースが絶妙で、フレンチフライポテトもさくさく。また食べに来たいと思わせる味)


続く、2日目、3日目は、ベテランガイドが案内するパリの観光スポット&ショップ巡り。

「朝、ガイドさんがホテルに迎えに来る前に、近くのスーパーに買い物に行きました~」と、皆さん、精力的。ま、時差ボケで、早く目が覚めてしまうのですけれどね。

パリ市内のオーガニック・ショップ、有名デパート、スイーツ店、美術館などなどを巡ります。ガイドさんが、大まかな観光コースを前もって決めていますが、ご一行の希望に沿って(やっぱり、あの店に行ってみたいわ~、というような)フレキシブルに変更してくれます。これは、少人数ツアーの強み。
キャラメル屋さん、アンリ・ルルーに行き、好きなフレーバーを一つ選んで、歩き食い(歩き舐めか)、ラデュレに行き、これまた好きなフレーバーを一つ買って、ルーブルまで歩き、カフェで、お持ち込み&味見(ご愛敬・・)など、パリの街を満喫しております。

ラ・デュレ

ラ・シャンブル・オ・コンフィチュール

アラン・デュカス

アンリ・ルルー

ビュリ

キャラメルギフトなら!【HENRI LE ROUX アンリ・ルルー】

ホームアウェイで世界100万軒以上の家から、あなたの休日にピッタリの家を見つけよう!

シリーズ510万部突破!旅の指さし会話帳


bisounihon

日仏バイリンガルWEB BisouJaponの日本語サイトです。
パリでイベントや展示会への参加、個展開催を計画している日本人アーティスト、クリエーター、企業、団体をサポートします。