FC2ブログ

パリ8区で行われた展示イベント「日本からの贈り物 セレクト by 久保京子」

ビズ会員参加の展示会
05 /28 2018
パリ8区にある、和をテーマにしたイベント・スペースWa salonで、5月22日~26日に展示イベント「日本からの贈り物 セレクト by 久保京子」が開催されました。

わさろん
(Wa Salon)

モデル、女優として活躍しながら、靴やバッグなど小物の商品企画からレストランのプロデュースまで手掛ける多才な久保京子さん。
フランスの母の日は、今年は5月27日なので、それに合わせて「母の日」をテーマに商品をセレクトされました。

久保さん

久保さんがプロデュースした眼鏡型ルーペCHOU CHOU。眼鏡フレームの生産地として有名な福井県鯖江市の職人が手作りしています。
漆塗りのバングルは、広島県の家具店松創のもの。「軽くて、ぶつかりあう音が軽やかなんです」と久保さん。

セレクト作品


そして、ビズのアーティストメンバー、寿・je=わたしのデザイナー 小島 澤 晴美さんが、戸田屋商店の"梨園染 手ぬぐい"を使って作るこれからの季節にぴったりの手ぬぐいのステテコ。5つの手ぬぐいから成るこのステテコの柄は久保さんが選ばれたとのこと。
また、今回パリで販売する手ぬぐいの柄に関しては、澤さんと戸田屋商店さんと久保さんの3人で話し合って決めたそうです。

ステテコ

てぬぐい

奥のスペースでは、書家の春陽さんが作品の展示そして書の講座を開催されました。
「参加者はまず“心”という字を書きます。フランス人で書けないと言う人にはただ、○を書いてもらいます。そこに一人一人の個性が表れます。日本人は、立派な言葉をきれいに書くのが習字だと思いがちですが、書とはその人の心を表すものなんですね。フランス人に、今の自分の心を書いて下さい、というと中には「疲れた」なんて書かれる方もいましたよ。」

春陽さん

フランス人参加者

日本語ができる、この参加者の方が選んだ言葉は、「さくら」でした。

お二人と

趣味で花の写真を撮っていらっしゃる久保さんは、以前春陽さんと花をテーマに展覧会を開いたことがあり、その時にお二人は感性が合っている、と実感されたのだとか。
これからも年に一度のペースでお二人で、パリでイベントを開くことを計画中だそうです。
楽しみですね。

旅のカタログギフトEXETIME

主婦・ママ限定のWebデザインコース【WebCamp】

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

bisounihon

日仏バイリンガルWEB BisouJaponの日本語サイトです。
パリでイベントや展示会への参加、個展開催を計画している日本人アーティスト、クリエーター、企業、団体をサポートします。