“つなぐ”アーティスト、冨永ボンドさんのパリ個展&ライブペイント

パリ展示会散歩
06 /14 2017

パリの真ん中、セーヌ川に浮かぶサンルイ島にある ギャラリーCollection Privéeに冨永ボンドさんの個展とライブペイントを観に行きました。

佐賀県多久市在住、木工用ボンドを使って描くアーティスト、冨永ボンドさん。

ボンドさん

創作テーマは「つなぐ」で、作品の鮮やかな色彩部分をつなぐ黒い線がボンド。木工用ボンドに黒いインクをとかしているそうです。

作品のモチーフは「人間」で、
「人の顔 FACE」だったり、
人の顔

「人の年輪 RING」だったり、
人の年輪

「人の細胞 CELLS」
細胞

「人の道 LINES」も。
人の道

人と人、心と心をつなぐことが創作テーマなので、ライブペイント、つまり、人が見ている前でしか絵を描かないという、面白い画家さんです。

ギャラリーの前でライブペイントを始めると、
ペイントはじまり

道行く人が、振り返る。
ペイント道行く人

立ち止まる老マダムも・・。
立ち止まる老婦人も

カメラを向ける人もいます。
カメラを向ける人

奥様は作業療法士というボンドさんは、認知症・精神障がい・発達障がい・知的障がい・自閉症等の病院や就労支援施設に出張して、アートセラピー体験会なども開催されているのだとか。

その他、ラジオパーソナリティを勤め、ご本人の作品を元にしたグッズを制作・販売、アートによる地域活性化意識を高める拠点として約100坪の巨大アトリエ“Art studio ボンドバ”を運営したり、とてつもなく、エネルギッシュです。

パリとの縁は、昨年カルーゼル・ドゥ・ルーブルのアートフェアに単独出展し、そこで、このギャラリーのオーナーに見いだされ、個展に至る、という・・・、アートを志す人ならだれもが羨むような、ギャラリー・デビューです。

ギャラリー

個展は6月21日まで。
ただ、ボンドさんの作品は、その後も同ギャラリーに常設展示されます。

Galerie Collection Privée
21 rue Le Regrattier, 75004 Paris
https://www.collectionprivee.paris/

ボンドさんのサイトは、こちらhttp://www.bondgraphics.com/


ホームアウェイで世界100万軒以上の家から、あなたの休日にピッタリの家を見つけよう!


無料宅配・レンタル0円・ウォーターサーバーならコスモウォーター


放射能検査済みの九州野菜ならはたちょく九州
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

bisounihon

日仏バイリンガルWEB BisouJaponの日本語サイトです。
パリでイベントや展示会への参加、個展開催を計画している日本人アーティスト、クリエーター、企業、団体をサポートします。