宇治茶×コーヒー『京茶珈琲』が、美食の祭典 テイスト・オブ・パリに登場

パリ展示会散歩
05 /20 2017

パリのグラン・パレで開催中、美食の祭典taste of parisテイスト・オブ・パリに、『京茶珈琲』のブランド「NAGI Kyoto」を展開する、株式会社エーゲル(本社 京都右京区)が、日本食材を輸入するフランス企業UMAMI(ウマミ)と共同出展しています。

京茶珈琲入口に大きなフォーク
(会場入口には、大きなフォークのオブジェ)

京茶珈琲うまみブース
(UMAMIとNAGI Kyotoの共同ブース)

京茶珈琲ブース
(NAGI Kyotoコーナー。日本から出張の社員さん、伊豆田千加代表取締役とフランス人スタッフ)

『京茶珈琲』は、名前から察せられる通り、京都の宇治茶とコーヒーをブレンドした、オリジナリティあふれるコーヒー。
お茶とコーヒーを混ぜる?と聞くと、ちょっとびっくりしてしまうが、京都の老舗製茶問屋の茶師と京都西陣のコーヒー焙煎職人が、2年間、試行錯誤を重ねて開発した、逸品で、『焙 ほうじ』、『煎 せん』、『麦 むぎ』『番 ばん』の4種類があります。

京茶珈琲製品


㈱エーゲル代表取締役の伊豆田千加さんに、誕生秘話を尋ねたところ、
「コーヒーの美味しい街として知られるポートランドで、おいしいコーヒーを飲みに行こう、と誘われて、飲んだものが、ほうじ茶と同じ味がしたんです。京都に戻って知り合いの茶師にその話をしたら、“両方とも焙煎するものだから”、と言われ、それで、ブレンドしてみようか、と。
また、和食が世界遺産に指定されたこともあり、京都を訪れる外国人で、和食を楽しまれる方が増えたのですが、食後には、みなさん珈琲を注文するんです、日本茶ではなくて。これを何とかしたい、と思って」。

伊豆田さん曰く、京都は伝統と革新の街。しかも二人のスペシャリストが作り上げた“ホンモノ”なのだから、保守的だけれどいいものは受け入れる気質のパリジャンに、気に入られる可能性が高いはず。

テイスト・オブ・パリ会場にて、カフェ文化を誇る国の住人たちの反応は?
「まず、口に含んで、『ああ、コーヒーの味ね』と言って、ごくりと飲んだ後に、『あれ?お茶だ~』という反応が多いです。また、女性の方が男性より好奇心があって、新しいものを受け入れやすいのは万国共通なのでしょうか、『こういうのもアリね!』と女性たちに好評ですね」と伊豆田さん。

京茶珈琲試飲するお客さん
(真剣な顔で試飲する、来場者のマダム)

さっそく、試飲させていただくと、コーヒーの香りと味が強いのですが、のど越しはお茶で、口の中にコーヒーの苦味が残らず、喉に流れる感じがいい!そう、これ、アリです!
そして、試食用どら焼きを食べた後に、この京茶珈琲を飲むと、小豆の味が口の中にぱっと広がる!なぜに?いや、この珈琲、大アリかも・・。
私的な話で恐縮ですが、自分は家で和食を食べた後には、まず日本茶、続いてエスプレッソを飲みますが、京茶珈琲なら、これ一杯で済みます。

「洋菓子にも合うんですよ。クリーム類がすっと流れる感じがするんです」と伊豆田さん。
フランス式に言えば、まさに、宇治茶とコーヒーのマリアージュ。
これ、パリの和食店で出したら、受けるのではないかと思いますが。

手軽に一人分が楽しめる、ドリップバッグセットもあり。
京茶珈琲ドリップバッグ

粉タイプのお茶も。
京茶珈琲粉末


フランスで人気の柚子製品も取り扱っています。
京茶珈琲ゆず

京茶珈琲のサイトはhttp://nagikyoto.com/

「そうだ京都、行こう。」の20年 [ ウェッジ ]

京のすっぴんさん

(>_<)幸せになりたい!

占いで悩み解決☆



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

bisounihon

日仏バイリンガルWEB BisouJaponの日本語サイトです。
パリでイベントや展示会への参加、個展開催を計画している日本人アーティスト、クリエーター、企業、団体をサポートします。